• uassetsk

媒介契約

どうも!U-アセット(ユーアセット)です!!


本日は不動産売却時の媒介契約について説明したいと思います。


前回の記事でも説明しました内容

不動産売却の相談、査定を行い販売価格が決まると媒介契約を結びます。


媒介契約とは、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つがあり、主に売却希望者や購入希望者が不動産会社に依頼する業務内容や仲介手数料などを媒介契約書で明確にすることで、仲介業務に関するトラブルを防ぐためのものです。仲介の依頼を受けた不動産会社には、媒介契約の締結が法的(宅地建物取引業法第34条の2)に義務づけられています。

※媒介契約時に費用はかかりません。


「一般媒介契約」


複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる契約で、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく契約することができます。 一般媒介契約には、「明示型」と、「非明示型」があります。 明示型の場合は、他の不動産会社への同時依頼を契約で認めつつも、仲介を依頼した不動産会社には、他にどの不動産会社へ仲介を依頼しているかを通知する必要があります。一方で、非明示型の場合は、他の不動産会社に重ねて依頼しているのか、あるいは、どんな会社に依頼しているのかを不動産会社に通知する必要がありません。


他の業者さんへも依頼できるという事で早く売れるんじゃないかと思われがちですが、、、

1つの物件に複数の不動産業者さんが着く事もあり営業費や広告費をかけても、他の業者で取引が決まると報酬が得られない為不動産業者もあまり力を入れない場合があります。


「専任媒介契約」


専任媒介契約は、不動産会社1社だけに仲介を依頼する媒介契約で、契約を結ぶと他の不動産会社に仲介を依頼することはできません。専属専任媒介契約と仕組みは似ていますが、異なるのは不動産会社が見つけた売却先だけでなく、自力で探した買い手とも不動産会社を通すことなく契約できることです。契約の有効期限は最大で3カ月となっています。不動産会社は媒介契約成立から7日以内にREINS(レインズ)への登録が義務付けられています。また、不動産会社は2週間に1度以上の頻度で依頼者へ仲介業務の実施状況を報告することも義務付けられています。


専任媒介を結ぶと最大3ヶ月間他の業者さんへ依頼する事が出来ません。

ですが、その分担当する不動産会社は営業費や広告費をかけて買主様を探してくれます。

自力で買い手の目処はたつが、さらに好条件の買い手を探したい場合に、この媒介契約を結ぶとよいでしょう。



「専属専任媒介契約」


専属専任媒介契約は、不動産会社1社だけに仲介を依頼する媒介契約で、契約を結ぶと他の不動産会社に仲介を依頼することはできません。専任媒介契約と仕組みは似ていますが、異なるのは不動産会社が見つけた売却先としか取り引きすることができない点です。契約の有効期限は最大で3カ月となっています。不動産会社は媒介契約成立から5日以内にREINS(レインズ)への登録が義務付けられています。また、不動産会社は1週間に1度以上の頻度で依頼者へ仲介業務の実施状況を報告することも義務付けられています。


この媒介契約を結ぶメリットとしては、限られた期間内に買い手を見つけないと不動産会社は仲介できないため、一般媒介契約よりも優先的に買い手探しに力を入れてもらうことができる点です。


弊社では特別な理由が無ければ、

買い手を自分で見つける事もできて、不動産会社が販売に力を入れやすい

「専任媒介契約」をオススメしております!


以上、媒介契約の説明でした♪



お手持ち不動産を売却検討しておりましたら、「無料不動産相談」「無料不動産査定」を随時受付ております。

弊社では不動産を高く!早く!トラブルの無い様に、戦略とノウハウを日々追求し勉強しておりますので、是非お気軽にお問い合わせください!!






8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

不動産売却の注意点②

どうも!U-アセット(ユーアセット)です! 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 今回は引き続き不動産売却の流れに沿って注意点をお伝えしたいと思います。 ④購入者内覧 前回に続き不動産会社と媒介契約をし広告などを行い売却活動が始まります。 購入検討者から問い合わせがきて不動産を内覧してもらう時は、とにかく綺麗な状態の方が良いです。 中でも水廻りは綺麗にしましょう。

不動産売却の注意点①

どうも!U-アセット(ユーアセット)です! 今回は不動産売却の流れに沿って注意点をお伝えしたいと思います。 ①相場調査 通常、不動産会社に査定を依頼して売却活動を行いますが、その前に自分で相場を調べる事も大切です。 相場の調べ方はインターネット等で「周辺の類似物件の価格」や「周辺の過去の取引データ」、「路線価や固定資産税評価額」などを比較するようにしましょう。 実は不動産の価格は「このエリアはいく

不動産売却査定

どうも!U-アセット(ユーアセット)です!! 今回は不動産売却査定について説明したいと思います。 お手持ちの不動産の売却を検討しておりますとまずは、 「いくらで売れるのか」 「⚪︎◯⚪︎◯万円で売りたい」 などと考えてると、その際に不動産会社や一括査定サイトを利用します。 「机上査定」と「訪問査定」 という査定方法があります。 机上査定は、土地と建物の面積、築年数、周辺取引事例などから価格を割り出